花ダイチの憂鬱【はなちゃんの気分屋日記:3】|Q-WEST(クウェスト)・関西カルチャー探求WEBメディア

  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram

花ダイチの憂鬱【はなちゃんの気分屋日記:3】

2023. 12. 09 Sat

僕は憂鬱になりやすい。
性格のせいか精神障害のせいかは分からないが頻繁に憂鬱になる。
なにか理由があってそうなるのではなく、漠然とそうなるのである。
そんな時はイヤホンで耳を塞ぎ思考を音楽に任せ、気を紛らわす。
運任せではあるがこれで憂鬱な気分が変わる。
いつものアーティスト、プレイリストを流す時、新しいジャンルに飛び込む時、様々である。
いつものパターンの場合、気が晴れる確率は50%だ、本当に運任せだ。
新しいジャンルに飛び込む場合、新しい発見があれば気が晴れる、無ければ憂鬱が加速する。

自分の機嫌を自分で取れない、どうしようも無い僕に苛立ち、叫びたくなる。
そんな時はライブハウスやミュージックバーへ行けば解決するが、今を生きるお金すら危うい時が多く、そこにお金を割く余裕も無い。
そうなれば最終手段、「ひとりライブ」である。
イヤホンで好きなアーティストの曲を流しそれに合わせギターやベースを掻き鳴らす、がむしゃらにひとりライブ。
妄想でステージに立ち、フロアに向かってパフォーマンスをする好きなアーティストをバックに1番目立つ。

気分が晴れた僕はカメラとメモ帳を持ち靴を履き、街へと歩き出す。
そして1日が過ぎて行く。

花 大地

文:花 大地(大阪生まれ大阪育ち、精神障害持ちのフォトグラファー/ベーシスト/ギタリスト。音楽とお酒に酔いしれる男)
X(Twitter)@d_h0925
Instagram @photo_hanadaichi
【はなちゃんの気分屋日記】の記事一覧

関連記事

ページトップ